So-net無料ブログ作成

訃報

朝旦那を見送っていたら、空に低く大きな雲が流れて行った。
なんかすごく近くて早くて、妙に心がざわつく雲だった。
新聞のお悔やみ欄に何気なく目を通したら、なんとなく見知った名前・・・

年齢も、あってる。

急いで旦那に電話してみる。

「ねぇ、○○さんって、□□って名前だったっけ?」
なんともまの抜けた要領を得ない電話。
「お悔やみ欄にのっとるっちゃけど・・・」

仕事を休めない旦那に変わって、通夜に参列。
受付を済ませて祭壇に向かう。

遺影は遠くて見えない。
できれば同姓同名の見知らぬ人であってほしかった。
そしたら、「あ、すいません、人違いでした」ってずうずうしく踵を返して帰ろうと思っていた。

でも。

同姓同名の知らない人、ではなくて。
いつもよりおめかししてすまして写真に写ってるのは
やっぱりよく知ってるあの人。

がんで半年ぐらい入退院を繰り返していたそう。

そばに居ながらちっとも知らなかった。

棺に横たわるその人は
穏やかにまるで眠っているよう

涙が止まらなくてお悔やみの言葉も何を言ったかわからない。

数ヶ月前の息子さんの結婚式の時に写したという写真は、いつもよりちょっと気取って微笑みながらこっちを見てた。

ご冥福をお祈りします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。